logoimage
HAGAZINE

ケロッピー前田 『クレイジーカルチャー最前線』 #18 次なる「スレッショルド(大跳躍)」に備えよ! カウンター視点に『ビッグヒストリー』が必要な理由

驚異のカウンターカルチャー=身体改造の最前線を追い続ける男・ケロッピー前田が案内する未来ヴィジョン。現実を凝視し、その向こう側まで覗き込め。未来はあなたの心の中にある。

なぜいまビッグヒストリーが必要なのか

 いまだ収束の見えないコロナ禍にあって、縄文タトゥーの旅を続けてきた当連載も、謎の感染症COVID-19のパンデミックに立ち向かうべく、今回は名著『ビッグヒストリー』を取り上げ、138億年の歴史から、改めて“今を生き抜く”ヒントを探してみたい。

 『ビッグヒストリー』とは、歴史学者のデヴィッド・クリスチャンが発案したもので、ビッグバンによる宇宙の誕生から人類史も含む、壮大な歴史を自然科学と人文科学の領域を超えて一望することを目指している。特徴としては、8つの「スレッショルド(大跳躍:threshold)」を通じて、大きな歴史を読み解いていくことにある。

 

 

 ここでいうスレッショルドとは、監修者の長沼毅によれば、「それまでの世界とはガラッと変わる大跳躍」、あるいは「それ以前にはなかった複雑さ(complexity)が出現する上位世界への大跳躍」と解説されている。

 それぞれのスレッショルドによって、大きな歴史を読み解く作業に取り掛かる前に、「なぜ、いま『ビッグヒストリー』が必要なのか?」をはっきりさせておきたい。

 この書のなかに「未来のヒストリー」という章があることからわかるように、現在の私たちの日常そのものが次なるスレッショルドへのプロセスであり、21世紀の前半に大変革が来てしまうかもしれない。

 当連載の第1回目で、世界的ベストセラーのユヴァル・ノア・ ハラリの『サピエンス全史』『ホモ・デウス』を取り上げたが、いまこのタイミングで人類史を総覧する理由は、人工知能やロボット技術、遺伝子改良などのテクノロジーによって、人間そのものが変異してしまう可能性に直面しているからだった。そればかりか、人工知能が人間の能力を追い越す「シンギュラリティ」の到来に備えようということでもあった。

 『ビッグヒストリー』も、未来のヒストリーを取り上げている点で問題意識は『サピエンス全史』に通じる。そして、現在、パンデミックの到来によって、テクノロジーへの依存度は急激に加速している。つまり、シンギュラリティ到来は早まり、次なるスレッショルドも容赦なく迫ってくるような状況になっているのだ。

 138億年というトンデモなく壮大な歴史において、いまこの2020年、歴史が覆るような激変がもうすぐそこまで近づいているのかもしれない。そして、『ビッグヒストリー』は、そんな過酷な時代を生き抜くための教科書となるべきものなのだ。

 

ビッグバンから人類誕生まで

 まずはビッグバンによる宇宙の誕生から見ていこう。もちろん、第1スレッショルドは宇宙のはじまりだ。だが、最初は熱エネルギーと爆発があっただけである。そして、第2スレッショルドになって、やっと物質が誕生する。最初は水素とヘリウムしかないが、それらが雲状になって、のちに恒星が生まれる。第3スレッショルドは、多様な化学元素の生成だ。恒星はそれ自体と周囲に膨大なエネルギーの流れを起こすので、多様な元素が生み出されていく。第4スレッショルドで、太陽系そして地球が生まれる。

 ここでポイントとなるのが「大陸移動説」である。ドイツの気象学者アルフレート・ウェーゲナー(1980-1930)が提唱したもので、現在は「プレートテクトニクス」という理論にまとめられている。地球上の地形の変化、火山や地震が起こる理由、大陸や海が形成される仕組みなどを説明するもので、現代の地球科学の中心的パラダイムである。『ビッグヒストリー』では、地球環境の問題がのちの重要なテーマとなってくるが、人間登場以前から歴史を紐解かねばならない理由はまさにそこにある。

 第5スレッショルドにきて、やっと生物が現れてくる。生命の誕生に必要なのが、「ゴルディロックス条件」と言われるものだ。ゴルディロックス条件とは、「暑すぎず寒すぎす、ちょうど良い」という条件のことで、各スレッショルドごとにも示されているが、生命の誕生のためには、奇跡的なゴルディロックス条件が揃わなければならない。

 1952年、スランリー・ミラー(1930-2007)は原始大気に近いと思われるガスでガラス管を満たし、滅菌水が入ったフラスコに取り付けて放電すると、プラズマが発生し、稲妻が走った。ガラス管は一週間で赤茶色になり、ドロドロした物質は有機分子からできていた。分析してみるとタンパク質を構成する少なくとも6種のアミノ酸があった。

 生命誕生のためのゴルディロックス条件は「豊富に存在する複雑な化学物質+ほどよいエネルギーの流れ+水のような液体媒体+適切な惑星」となる。

 そして、第6スレッショルドでホモ・サピエンスが現れることになる。もちろん、そこに到達する過程ではホミニン(現生人類および化石人類の系統)として知られる大型類人猿の800万年前から20万年前までの進化が必要である。さらにホモ・サピエンスとホモ・サピエンス以前(たとえば、ネアンデルタール人)との間には大きな違いが存在する。この本では、そのようなスレッショルドを特徴付ける特性を「エマージェント・プロパティ」といい、ホモ・サピエンスにおける特性は「コレクティブ・ラーニング(集団的学習)」であるという。

 これは、ひとつの発明をみんなで共有し、相乗作用を生み出すこと。この特性は参加者が増えれば増えるほど効果的で、そのおかげで、我々、ホモ・サピエンスは生物種としてどんどん発達していくことができたのだ。

 

戦争と破壊のテクノロジーの世紀へ

 やっと人間としての歴史が始まったわけだが、特に日本についての記述に注目して流れを追ってみよう。

 『ビッグヒストリー』に、日本が初めて登場するのは「土器の発明」で、その主役は「縄文人」だ。本書には「土器の発明によって、貯蔵、液体の輸送、調理が簡単にできるようになった」とあり、「土器を最初に作り出したのは、日本に住む狩猟採集民族[縄文人]だった可能性があり、(中略)最古の土器片は(中略)紀元前1万4000年前ころのもの」であると書かれている。メソポタミアで土器が使われるようになったのは、紀元前6500年ごろからで、その千年後には軟質金属(金、銀、銅)の加工が始まった。青銅器は紀元前4000年にメソポタミアで出現し、紀元前2000年には中国でも使われていた。

 5300年前のタトゥーをしたミイラ、アイスマンが銅製の斧を持っていたことは、当連載でも以前紹介している。また、文字学の権威・白川静が中国の青銅器に残された「金文」やそれ以前の骨や甲羅に刻まれた「甲骨文字」の研究から文字のはじまりばかりか、イレズミ(文身)の成り立ちについても探求していたことも連載で以前紹介した。『ビッグヒストリー』でも中国文明と文字の誕生のところに「卜骨(ぼっこつ)」の記載がある。

 約1万年前に最終氷期が終わり、海面上昇が起こったことで、世界は海で隔てられた四つのゾーン、日本を含む「アフロユーラシア」「アメリカ大陸」「オーストラレーシア」「太平洋の島々」にわけられた。そこからは、近代の到来までをゾーンごとに解説していくことになる。

 この一連の流れは、第7スレッショルド「農業革命」と関連している。氷河期が終わり、地球の温暖化に伴い、世界的に農業が広まっていく。それに対して、日本の農業は弥生時代(紀元前3世紀)からで、狩猟採集生活を1万年以上も続けた縄文時代の特異性を際立たせている。その後ふたたび日本が登場するのは、シルクロードにおける仏教伝来のところである。

 第8スレッショルドは「近代革命」で、近代以降の世界的な工業化から現代までに至る時代を「アントロポシーン(人新世:地球上での人類の活動が地質学上でも痕跡を残すようになった時代)」としている。

 日本が本格的に世界史に関わるのは明治維新以降、ロシアも同じ時期に工業化が進むが、日本は天皇制を残している。中国はイギリスとのアヘン戦争による植民地化され、支配層が弱体化する一方で農民が増え、反乱が起こると鎮圧のために日本軍が出兵している。その過程で、日清戦争(1894)が起こり、さらに日露戦争(1904)が続き、日本はそれぞれに勝利し、1919年の第一次大戦後、アジア最強の帝国主義国家となる。1941年、真珠湾攻撃がきっかけでアメリカと開戦する。その後、日本は「戦争と破壊のテクノロジー」において、広島と長崎への原爆投下と、2011年3月の福島第一原発事故のところで登場することになる。

 

最終的に宇宙ごと蒸発するのだとしても

 経済成長、エネルギー、人口増加や環境汚染などの問題を取り上げ、20世紀までが締めくくられたら、最終章となる第13章「未来のヒストリー」である。

 この章は3つの未来予想で構成されており、ひとつ目は「近未来」、100年後を想定した未来だ。「人口増加」「化石燃料供給の限界」「気象の不安定化」「傷ついた生態系」などが問題として挙げられている。ふたつ目は「今後数千年間」とあり、未来のテクノロジーが様々な問題を解決できるのか、あるいはその発達を鈍化させることで人口を少なくして緩やかな変化のなかで生きていくのか、どちらかになるだろうという。他の惑星への移住についても語られるが、そこまでいくともはや「“私たちのような人間” の歴史には終止符が打たれるのだろう」とされる。三つ目は「はるかな未来」であり、もはやそこに人間は登場しない。数億年後、プレートテクトニクスによって、地球上の大陸は再び集まって、「超大陸アメイジア」になるという。いまから30億年ないし40億年後には、太陽は燃え尽きて膨張し、地球を飲み込んでしまう。その後も宇宙は膨張を続けるが、それぞれの恒星は寿命を迎え、惑星と生命の出現を可能にしたコルディロックス条件は存在しない。途方もない未来においては「残存する物質が中性子物質へと変換され、その後ブラックホールを形成し、それも最終的に蒸発する」のだ。

 この本における結論部には、「私たちは、宇宙が私たちを取りまく驚異的な世界を創造するのに必要な活力で満たされた時期に、宇宙の創造物となったのだ」とある。

 筆者の言葉で言い換えるなら、私たちがいまこの地球に生きていること自体が奇跡的で非常に貴重なことであるということだ。だから、地球環境を気づかい、気象の安定化と生態系の維持に努め、自然の一部でもある自らの身体をも大切にしようということだろう。

 

来たる第9シュレッショルドに備えよ

 ところで、著者のデイヴィッド・クリスチャンは、ネットプレゼン番組TEDで講演した際、『ビッグヒストリーは自分の孫を含め、世界中の高校生に読んで欲しいと語り、巨大な問題に直面したときに役に立つものであると力説した。実際、ビッグヒストリー』は地球規模の問題に取り組む学問として、ビル・ゲイツに評価され、教育プロジェクトとして1000万ドル(11億円)もの出資を受けているほどである。

 

 

 ちょっと極端なたとえかもしれないが、現在の新型コロナウイルスのパンデミックが第9スレッショルドへのとば口であったとしたらどうだろう。感染拡大防止のための人間の活動自粛やロックダウンは二酸化炭素排出量の減少には貢献している一方で、世界的経済活動の縮小が国家や社会の経済基盤を脅かし、個人の体調やメンタルにもマイナスの影響を及ぼしている。

 『ビッグヒストリー』から現在のパンデミックをみると、いまこの瞬間が時代の岐点となっているかもしれないのだ。カウンターカルチャーの立場からも大きな歴史の視点がなければ、いまの現実を読み解くことはできない。積極的なイノベーションと状況の変革を実践していくことで、次なるスレッショルドに備えよ!

 

 

【INFORMATION】

ケロッピー前田『縄文時代にタトゥーはあったのか』

大島托(縄文タトゥー作品)

国書刊行会 2020年3月19日発売

 

本体価格2400円(定価2640円)https://amzn.to/38OTAfb

 

漆黒でオーバーオールな古代の和彫が近現代の鎖を断ち切り日本を日本に戻す。菊地成孔氏(音楽家・文筆家)推薦!!

土器や土偶にえがかれた線、円、点、螺旋といった我々を魅了する幾何学的な文様。これらがもしも太古の人体にきざまれていたとしたら――。世界中に残る痕跡をたどり、太古に失われたタトゥーを現代人に彫り込み「モダン・プリミティブズ」へと身体のアップデートを目指す壮大な試み。

 

 

〈MULTIVERSE〉

「今、戦略的に“自閉”すること」──水平的な横の関係を確保した上でちょっとだけ垂直的に立つ|精神科医・松本卓也インタビュー

フリーダムか、アナキーか──「潜在的コモンズ」の可能性──アナ・チン『マツタケ』をめぐって|赤嶺淳×辻陽介

「人間の歴史を教えるなら万物の歴史が必要だ」──全人類の起源譚としてのビッグヒストリー|デイヴィッド・クリスチャン × 孫岳 × 辻村伸雄

「Why Brexit?」──ブレグジットは失われた英国カルチャーを蘇生するか|DJ Marbo × 幌村菜生

「あいちトリエンナーレ2019」を記憶すること|参加アーティスト・村山悟郎のの視点

「かつて祖先は、歌い、踊り、叫び、纏い、そして屍肉を食らった」生命と肉食の起源をたどるビッグヒストリー|辻村伸雄インタビュー

「そこに悪意はあるのか?」いまアートに求められる戦略と狡知|小鷹拓郎インタビュー

「暮らしに浸り、暮らしから制作する」嗅覚アートが引き起こす境界革命|オルファクトリーアーティスト・MAKI UEDAインタビュー

「デモクラシーとは土民生活である」──異端のアナキスト・石川三四郎の「土」の思想|森元斎インタビュー

「Floating away」精神科医・遠迫憲英と現代魔術実践家のBangi vanz Abdulのに西海岸紀行

「リアルポリアモリーとはなにか?」幌村菜生と考える“21世紀的な共同体”の可能性

「NYOTAIMORI TOKYOはオーディエンスを生命のスープへと誘う」泥人形、あるいはクリーチャーとしての女体考|ヌケメ×Myu

「1984年、歌舞伎町のディスコを舞台に中高生たちが起こした“幻”のムーブメント」── Back To The 80’s 東亜|中村保夫

「僕たちは多文化主義から多自然主義へと向かわなければならない」奥野克巳に訊く“人類学の静かなる革命”

「私の子だからって私だけが面倒を見る必要ないよね?」 エチオピアの農村を支える基盤的コミュニズムと自治の精神|松村圭一郎インタビュー

「タトゥー文化の復活は、先住民族を分断、支配、一掃しようとしていた植民地支配から、身体を取り戻す手段」タトゥー人類学者ラース・クルタクが語る

「子どもではなく類縁関係をつくろう」サイボーグ、伴侶種、堆肥体、クトゥルー新世|ダナ・ハラウェイが次なる千年紀に向けて語る

「バッドテイスト生存戦略会議」ヌケメ×HOUXO QUE×村山悟郎

「世界ではなぜいま伝統的タトゥーが復興しようとしているのか」台湾、琉球、アイヌの文身をめぐって|大島托×山本芳美

「芦原伸『ラストカムイ』を読んで」──砂澤ビッキと「二つの風」|辻陽介

「21世紀の〈顔貌〉はマトリクスをたゆたう」 ──機械のまなざしと顔の呪術性|山川冬樹 × 村山悟郎

 

logoimage

PROFILE

ケロッピー前田 1965年、東京都生まれ。千葉大学工学部卒、白夜書房(のちにコアマガジン)を経てフリーに。世界のカウンターカルチャーを現場レポート、若者向けカルチャー誌『BURST』(白夜書房/コアマガジン)などで活躍し、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。その活動はTBS人気番組「クレイジージャーニー」で取り上げられ話題となる。著書に『CRAZY TRIP 今を生き抜くための”最果て”世界の旅』(三才ブックス)や、本名の前田亮一名義による『今を生き抜くための70年代オカルト』(光文社新書)など。新著の自叙伝的世界紀行『クレイジーカルチャー紀行』(KADOKAWA)が2019年2月22日発売! https://amzn.to/2t1lpxU