logoimage
HAGAZINE

THE 100 GREATEST TATTOOISTS IN THE WORLD 2019 |#61〜#70|SELECTOR 〔Oshima Taku〕

⽇本のタトゥーイスト10⼈が選ぶ、注目すべき世界のタトゥーイスト100。めくるめく黒色世界の最先端最深部へようこそ!第7回目のセレクターは黒紋様のスペシャリスト大島托さんです。

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #01〜#10

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #11〜#20

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #21〜#30

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #31〜#40

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #41〜#50

<< The 100 Greatest Tattooists in the World 2019 #51〜#60

 


 

ブレのない美しいライン、しなやかなカラー、繊細なドット、適切な大きさや配置。タトゥーの善し悪しというは、絵柄そのものよりもモチーフの魅力を最大限に引き立てるタトゥーイングのテクニックによって大きく左右される。いまや凄腕のタトゥーイストは世界中でひしめきあい、SNSでは最新トレンドが日々更新され目が眩むほどの情報量だ。そこで選りすぐりの日本のタトゥーイストたちに、各自の審美眼に基づいた今リスペクトされるべきタトゥーイストを100人セレクトしてもらった。レジェンドから注目株まで、珠玉の100選をとくとご覧あれ。(監修:川崎美穂)

 


 

Selector06

Oshima Taku

 

⽇本のタトゥーイスト10⼈が選ぶ、注目すべき世界のタトゥーイスト100。めくるめく黒色世界の最先端最深部へようこそ!第7回目のセレクターは黒紋様のスペシャリスト大島托さんです。世界中の伝統的なトライバルタトゥーから現代のブラックワークまでを幅広く手がけ、見識の深さはHAGAZINEでの連載でもご存知の通り。身体改造ジャーナリストのケロッピー前田と共に、古代日本のタトゥーをテーマにした『縄文族 JOMON TRIBE』プロジェクトも絶賛進行中。(川崎)

 

APOCARIPT  http://www.apocaript.com/

Instagram https://www.instagram.com/taku_black_addicts/

Genre トライバルタトゥーおよびブラックワーク

 

『一滴の黒 Travelling Traibal Tattoo』

 

 


 

61. Jeroen Franken(Netherland

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

》Jeroen Franken 《(@jeroenfranken)がシェアした投稿

 

ボルネオのジャングル奥地にタトゥーを学びに行き

帰国後、重鎮Hanky Pankyのスタジオでプロとしての基礎を学ぶ

世界を何周もするくらいトライバルの現地に足を運んだ筋金入り

 

Jeroen Franken / Netherlands

大トライバルタトゥー帝国オランダの今上天皇。それはつまり、ボルネオ、北米、ポリネシア各地域といったトライバルタトゥーの全てのジャンルの作品を、それぞれ世界のどこの誰よりも高いレベルで彫りあげる人物ということでもある。ぶっちゃけると、トライバルならこの人1人だけをチェックしていれば間違い無いと言ってしまってもいいぐらいなのだ(大島托)

 

SEVEN SEAS ATELIER

https://sevenseasatelier.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

》Jeroen Franken 《(@jeroenfranken)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

》Jeroen Franken 《(@jeroenfranken)がシェアした投稿


(画像引⽤元:https://www.instagram.com/jeroenfranken/


 

62. Shane Gallagher ColeyAustralia

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ṡһѧṅє ɢѧʟʟѧɢһєя ċȏʟєʏ(@shanetattooer)がシェアした投稿

 

ニュージーランド出身、1987年タトゥーをスタート

個々の生命の流れをデザインするエネルギーヒーラー

 

Shane Gallagher Coley / Australia

現代サモアデザインの最高峰。身体の線や筋肉の形にピタリと合わせる、流麗にしてダイナミックなそのスタイルが大人気。最近10年ぐらいのサモアデザインのトレンドはいつも彼の後からついて来ていると言ってもいい(大島托)

 

Ancestor Tattoo

http://www.shanetattoos.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ṡһѧṅє ɢѧʟʟѧɢһєя ċȏʟєʏ(@shanetattooer)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ṡһѧṅє ɢѧʟʟѧɢһєя ċȏʟєʏ(@shanetattooer)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/shanetattooer/


 

63. Turumakina(Australia)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Turumakina | Ta Moko Artist(@tu_moko)がシェアした投稿

 

タ・モコ&マオリ・アートのスペシャリスト

マオリ文化が色濃く残るニュージーランドのファカタネ出身

現在は太陽光発電でプライベートスタジオを運営

 

Turumakina / Australia

現代マオリタトゥーならこの人。グラデーションワーク主体だった現代マオリデザインのトレンドをソリッドなブラックワークに引き戻したアーティストでもある。非常に多くの伝統的な顔面タトゥーを手がけていることからも分かるとおり、技も人柄もとても信頼されているアーティストだ。そして大の親日家でもある(大島托)

 

ARTS ELEMENTAL

https://www.artselemental.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Turumakina | Ta Moko Artist(@tu_moko)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Turumakina | Ta Moko Artist(@tu_moko)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/tu_moko/


 

64. Patu Mamatui TamataTahiti/French Polynesia

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Patu Mamatui Tamata(@tattoobypatu)がシェアした投稿

 

貧しい家庭に育ちホームレスの時期もあったが

タトゥーマシーンを手にし世界中を旅する機会を得るまでに

 

Patu Mamatui Tamata / Tahiti(French Polynesia)

長らくヨーロッパ勢に押され気味だった現代マルケサスタトゥーの世界で、ひさびさに現地から現れた若手のホープ。彼独特のスクエアで繊細なデザイン処理が、もしかしたら今後の世界の主流となっていくのかもしれない。身体が相撲取り並みに大きいが優れたタヒチアンダンサーでもある(大島托)

 

Patu Mamatui Tamata

https://www.facebook.com/patu.mamatui

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Patu Mamatui Tamata(@tattoobypatu)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Patu Mamatui Tamata(@tattoobypatu)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/tattoobypatu/


 

65. Elle Mana-FestinUSA

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spiritual Journey Tattoo(@spiritualjourneytattoo)がシェアした投稿

 

フィリピン生まれアメリカ育ち

長年ハンドタッピングとハンドポークを練習した後

2012年からマシーンでの作業を開始

 

Elle Mana-Festin / USA

豊かなバリエーションを誇ったかつてのフィリピンのトライバルタトゥーの数々を、アメリカのフィリピン系コミュニティーという特殊な場で、それぞれの部族ごとに完璧な形でリバイバルしてみせた驚異のアーティスト。クオリティもスケールも圧倒的。本人はタトゥーイストというよりも、なんだかNPOの代表みたいな感じ(大島托)

 

Spiritual Journey Tattoo

https://www.spiritualjourneytattoo.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spiritual Journey Tattoo(@spiritualjourneytattoo)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Spiritual Journey Tattoo(@spiritualjourneytattoo)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/spiritualjourneytattoo/


 

66. DurgaGermany, Indonesia)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

durga(@durgatattoo)がシェアした投稿

 

インドネシア生まれアメリカの美大卒

現在ベルリンに拠点をおく

 

Durga / Germany, Indonesia

カリマンタン、スラウェシ、メンタワイなどのインドネシアのトライバルタトゥーを極めて洗練されたアレンジで現代のタトゥーシーンに送り出すアーティスト。ド派手なコスチュームのハンドタッパーとして有名だが、彼の本質はぶっちぎりのデザイン能力の高さである(大島托)

 

Durga Tattoo

https://www.facebook.com/durgatattoostudio/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

durga(@durgatattoo)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

durga(@durgatattoo)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/durgatattoo/


 

67. Gerhard WiesbeckGermany

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gerhard Wiesbeck(@gerhardwiesbeck)がシェアした投稿

 

先入観や既成概念を捨てて造形を追求したシンプルな美しさ

バウハウスの精神をタトゥーで体現したかのような

トライバルとアートとテクニックを統合した革新的なデザイン

 

Gerhard Wiesbeck / Germany

現代ブラックワーク界における、アーティストたちが尊敬するアーティストその1。大きな黒をためらいもなく配置する今日の流れ全般の出どころはこの人だ。彼の委細かまわず塗りまくる黒のカタルシスの魅力に取り憑かれて他のジャンルからブラックワークに移ってきたファンは本当にたくさんいることだろう。今のトップアーティストたちのほとんどもそうなのかもしれない(大島托)

 

Gerhard Wiesbeck

https://www.facebook.com/gerhard.wiesbeck

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gerhard Wiesbeck(@gerhardwiesbeck)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gerhard Wiesbeck(@gerhardwiesbeck)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/gerhardwiesbeck/


 

68. Tomas TomasUK)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomas Tomas(@tomastomas108)がシェアした投稿

 

黒一色のレジェンドJondix率いる

ロンドン『Seven doors Tattoo』所属

 

Tomas Tomas / UK

現代ブラックワーク界における、アーティストたちが尊敬するアーティストその2。一つの柄で全身を統一、というさまざまな意味合いで実現不可能にも思えたコンセプチュアルな理想をリアルに形にしてしまったマジシャンのような存在(大島托)

 

Seven doors Tattoo

http://sevendoorstattoo.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomas Tomas(@tomastomas108)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomas Tomas(@tomastomas108)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/tomastomas108/


 

69. Jun Matsui(Brazil

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUN MATSUI(@junmatsui)がシェアした投稿

 

存在そのものが無量の深秘

Short film JUN MATSUI

 

Jun Matsui / Brazil

現代ブラックワーク界における、アーティストたちが尊敬するアーティストその3。かつて日本でも活動していた日系ブラジリアンのアーティスト。様々なエスニックデザインからのパターンの抽出と再構成において独自のセンスを振るい、非常にユニークなスタイルを切り拓いた。その影響は現在の世界中の実に多くのアーティストの作品に見ることができる(大島托)

 

JM STUDIO

https://www.junmatsui.com/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUN MATSUI(@junmatsui)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

JUN MATSUI(@junmatsui)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/JUNMATSUI/


 

70. Cy WilsonSwitzerland

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wilsonprod.official™️(@wilsonprod.official)がシェアした投稿

 

パリ生まれ、両親ともに芸術家

21世紀の都市生活者として視覚文化を表現

 

Cy Wilson / Switzerland

現代ブラックワークの最先端、というか全タトゥー界における辺境の一つか。実験的な作品の数々は、アートの変遷を一周以上も回ってもはや子供の落書きすらも下回ったただの偶発性の産物のようでもある。アートとは、そしてタトゥーとは。たまにはそんな根源的な問いかけに耳を傾けてみるのもいいかもしれない(大島托)

 

Cy Wilson

https://www.facebook.com/cy.adje.wilson

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wilsonprod.official™️(@wilsonprod.official)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

wilsonprod.official™️(@wilsonprod.official)がシェアした投稿

 

(画像引⽤元:https://www.instagram.com/wilsonprod.official/

 


 

 

監修

川崎美穂 かわさき・みほ/1973年、青森県弘前市⽣まれ。1996年より『BURST』の編集に携わり、1999年本邦初のタトゥー専門情報誌『TATTOO BURST』を創刊。雑誌が休刊する2012年までのあいだ編集長を務める。現在はタトゥーのある人でも利用可能な日本の温泉施設などを紹介するウェブサイト『Tattoo Friendly』を運営。タトゥーにまつわることをライフワークとし各メディアに執筆なども行なっている。

Tattoo Friendly https://tattoo-friendly.jp/ja/

 

 


 

 

〈MULTIVERSE〉

「かつて祖先は、歌い、踊り、叫び、纏い、そして屍肉を食らった」生命と肉食の起源をたどるビッグヒストリー|辻村伸雄インタビュー

「そこに悪意はあるのか?」いまアートに求められる戦略と狡知|小鷹拓郎インタビュー

「暮らしに浸り、暮らしから制作する」嗅覚アートが引き起こす境界革命|オルファクトリーアーティスト・MAKI UEDAインタビュー

「Floating away」精神科医・遠迫憲英と現代魔術実践家のBangi vanz Abdulのに西海岸紀行

「リアルポリアモリーとはなにか?」幌村菜生と考える“21世紀的な共同体”の可能性

「NYOTAIMORI TOKYOはオーディエンスを生命のスープへと誘う」泥人形、あるいはクリーチャーとしての女体考|ヌケメ×Myu

「僕たちは多文化主義から多自然主義へと向かわなければならない」奥野克巳に訊く“人類学の静かなる革命”

「私の子だからって私だけが面倒を見る必要ないよね?」 エチオピアの農村を支える基盤的コミュニズムと自治の精神|松村圭一郎インタビュー

「子どもではなく類縁関係をつくろう」サイボーグ、伴侶種、堆肥体、クトゥルー新世|ダナ・ハラウェイが次なる千年紀に向けて語る

「バッドテイスト生存戦略会議」ヌケメ×HOUXO QUE×村山悟郎

「世界ではなぜいま伝統的タトゥーが復興しようとしているのか」台湾、琉球、アイヌの文身をめぐって|大島托×山本芳美

 

logoimage

PROFILE