logoimage
HAGAZINE

ケロッピー前田 『クレイジーカルチャー最前線』 #13「“文”とは“文身(イレズミ)”を意味する」 白川静の文字学に迫る

驚異のカウンターカルチャー=身体改造の最前線を追い続ける男・ケロッピー前田が案内する未来ヴィジョン。現実を凝視し、その向こう側まで覗き込め。未来はあなたの心の中にある。

「文」という文字は「文身(イレズミ)」を意味する

 拙著『縄文時代にタトゥーはあったのか』(国書刊行会)が出版されてから1月半が経った。本のタイトルになっている縄文時代のタトゥーの謎は、明治時代からアカデミックな世界で論争となってきた。本来なら、この時期こそ、トークイベントなどで拙著の魅力を広くアピールしていきたいところだが、新型コロナウイルスのパンデミック下にあって、筆者も巣篭もり生活が続いている。

 ここはゆっくりと腰を据え、日本の古代史とタトゥーの関わりについて辿っていきたい。

 東アジアにおける文字のはじまりは中国にある。もちろん、約1万5千年に始まる日本の縄文時代が豊かな文様文化を持っていたことはご存知の通りだ。僕ら(筆者とタトゥーアーティストの大島托)が、拙著の中心的なテーマとなっている縄文時代のタトゥー復興プロジェクトで挑んだのは、縄文時代の文様はタトゥーとして人間の身体に彫られていたのではないかと考えたからだった。その成果が現代人の身体に実際に彫られたタトゥー作品群である。

 では、古代中国におけるタトゥー事情はどうだったのであろうか?

 その疑問に、「文」という文字は「文身(イレズミ)」を意味すると、明快な答えを提供してくれたのが、文字学の権威・白川静(1910-2006)である。白川は古代中国の文字を研究するにあたり、中国最古の王朝といわれる殷(いん)とそれに続く周(しゅう)の時代(紀元前17世紀から紀元前3世紀)の青銅器に施された文字「金言(きんげん)」、殷の遺跡から発掘された亀甲や獣骨に刻まれた「卜辞(ぼくじ)/甲骨文」などを徹底的に収集調査し、文字を通じて、古代人の世界観に迫っている。また、白川文字学の集大成として、字典三部作『字統』『字訓』『字通』がある。

 文字研究を通じての白川の解釈は、歴史学者からは実証性に欠けるという批判がある。それでも、紀元1世紀に後漢の許慎(きょしん)が書いた『説文解字(せつもんかいじ)』が漢字解釈の基礎となってきた状況に対抗するように、もっと古い時代の「金言」や「甲骨文字」を調査することから古代中国の呪術的な世界を生々しく蘇らせた功績は揺るがない。

 

「絵身」、「入墨」、「瘢痕」、文身には「聖化」の効果がある

 「文」についての白川の解釈は『中国古代の文化』(講談社、1979年)の冒頭にある。

 

『中国古代の文化』(講談社、1979年)

 

 「文とは、ひとの創造した秩序や価値をいう語である」とした上で、許慎『説文解字』から「文」とは「錯(まじ)はれる画(くわく)なり」という説明を引用している。ここで「画」は本来の旧字で示されいる。これは「文の字形を×形の交錯する線によって構成されている」ことである。その上で「古代の土器などに好んで用いられる幾何学文様は、直線を交又させたものや曲線を組み合わせたものが多い。それで、文をそのような文様を示すとする字形起源説は、そのまま疑われることもなく久しく行われ」てきた。だが、白川は「甲骨文」や「金文」の研究から、『説文解字』の解釈についても、考え直す必要が出てきたと強調する。

 最初に検証されるのが、「甲骨文」や「金文」に見られる「文」を表す文字である。現代でいう「文」はあたかも人型のように描かれ、その中心部、胸部の位置に「心」や「×」が描かれている。つまり、文とは「文身を胸に加えた人の正面の形である」という。

 白川は「文身とは、何らかの儀礼的な目的をもって加えられる身体装飾」とし、文身の方法には墨や朱で一時的に文様を加える「絵身(えしん)」、墨を皮膚下に注入する「入墨」、切傷を文様化する「瘢痕(はんこん)」があると解説する。

 たとえば、金文の例では亡くなった父、母、祖先を「文父」「文母」「文祖」と書かれている。そのことから、文身には「聖化」の効果があるという。そして、葬儀の際には屍体の胸部に「絵身」したことだろう読み解いている。

 また、「彦」や「産」については、「彦」は男子が成人の儀式で顔面に文身すること、「産」は赤子が誕生の儀式で絵身することと解釈する。ここでは、文身には通過儀礼や赤子誕生を讃える「加入」の意味があるとしている。

 「中国における文の概念は、聖化の方法としての文身という最初の意味から発展して、ついに存在の自己表現という理念にまで達し、(中略)ゆたかな文化的創造の土壌をなしている」と、白川は「文」についての考察を結んでいる。

 古代中国において、「文=文身」が大きな文化的役割を担っていたならば、日本の縄文時代では「文様=タトゥー(イレズミ)」こそが文字以前の縄文文化を支えていたのではなかったか。白川の文字学は、縄文時代のタトゥーを考える上でも多くのヒントと勇気を与えてくれるものである。

 拙著のなかでは詳しく触れることができなかったが古代中国のタトゥー研究もまた、タトゥーの歴史を語る上で重要となっていくだろう。

 古代とタトゥーを結ぶ深遠な世界、この続きは拙著の『縄文時代にタトゥーがあったのか』でお楽しみいただきたい。

 

 

〈INFORMATION〉

ケロッピー前田『縄文時代にタトゥーはあったのか』

大島托(縄文タトゥー作品)

国書刊行会 2020年3月19日発売

 

本体価格2400円(定価2640円)https://amzn.to/38OTAfb

 

漆黒でオーバーオールな古代の和彫が近現代の鎖を断ち切り日本を日本に戻す。菊地成孔氏(音楽家・文筆家)推薦!!

土器や土偶にえがかれた線、円、点、螺旋といった我々を魅了する幾何学的な文様。これらがもしも太古の人体にきざまれていたとしたら――。世界中に残る痕跡をたどり、太古に失われたタトゥーを現代人に彫り込み「モダン・プリミティブズ」へと身体のアップデートを目指す壮大な試み。

 

 

 

〈MULTIVERSE〉

「今、戦略的に“自閉”すること」──水平的な横の関係を確保した上でちょっとだけ垂直的に立つ|精神科医・松本卓也インタビュー

フリーダムか、アナキーか──「潜在的コモンズ」の可能性──アナ・チン『マツタケ』をめぐって|赤嶺淳×辻陽介

「人間の歴史を教えるなら万物の歴史が必要だ」──全人類の起源譚としてのビッグヒストリー|デイヴィッド・クリスチャン × 孫岳 × 辻村伸雄

「Why Brexit?」──ブレグジットは失われた英国カルチャーを蘇生するか|DJ Marbo × 幌村菜生

「あいちトリエンナーレ2019」を記憶すること|参加アーティスト・村山悟郎のの視点

「かつて祖先は、歌い、踊り、叫び、纏い、そして屍肉を食らった」生命と肉食の起源をたどるビッグヒストリー|辻村伸雄インタビュー

「そこに悪意はあるのか?」いまアートに求められる戦略と狡知|小鷹拓郎インタビュー

「暮らしに浸り、暮らしから制作する」嗅覚アートが引き起こす境界革命|オルファクトリーアーティスト・MAKI UEDAインタビュー

「Floating away」精神科医・遠迫憲英と現代魔術実践家のBangi vanz Abdulのに西海岸紀行

「リアルポリアモリーとはなにか?」幌村菜生と考える“21世紀的な共同体”の可能性

「NYOTAIMORI TOKYOはオーディエンスを生命のスープへと誘う」泥人形、あるいはクリーチャーとしての女体考|ヌケメ×Myu

「僕たちは多文化主義から多自然主義へと向かわなければならない」奥野克巳に訊く“人類学の静かなる革命”

「私の子だからって私だけが面倒を見る必要ないよね?」 エチオピアの農村を支える基盤的コミュニズムと自治の精神|松村圭一郎インタビュー

「タトゥー文化の復活は、先住民族を分断、支配、一掃しようとしていた植民地支配から、身体を取り戻す手段」タトゥー人類学者ラース・クルタクが語る

「子どもではなく類縁関係をつくろう」サイボーグ、伴侶種、堆肥体、クトゥルー新世|ダナ・ハラウェイが次なる千年紀に向けて語る

「バッドテイスト生存戦略会議」ヌケメ×HOUXO QUE×村山悟郎

「世界ではなぜいま伝統的タトゥーが復興しようとしているのか」台湾、琉球、アイヌの文身をめぐって|大島托×山本芳美

 

logoimage

PROFILE

ケロッピー前田 1965年、東京都生まれ。千葉大学工学部卒、白夜書房(のちにコアマガジン)を経てフリーに。世界のカウンターカルチャーを現場レポート、若者向けカルチャー誌『BURST』(白夜書房/コアマガジン)などで活躍し、海外の身体改造の最前線を日本に紹介してきた。その活動はTBS人気番組「クレイジージャーニー」で取り上げられ話題となる。著書に『CRAZY TRIP 今を生き抜くための”最果て”世界の旅』(三才ブックス)や、本名の前田亮一名義による『今を生き抜くための70年代オカルト』(光文社新書)など。新著の自叙伝的世界紀行『クレイジーカルチャー紀行』(KADOKAWA)が2019年2月22日発売! https://amzn.to/2t1lpxU